寒くなって、空気が乾燥してくると途端に

肌がカサカサになってきてしまいます。

 

特に水仕事をすることも多い女性にとって

冬は憂鬱な季節ですよね。

 

足のかかとや側面一帯がガサガサになって

肌荒れしたり、ひどくなるとバックリ割れ

て血がにじむことがあります。

 

水に触れたときの激しい痛み…思わず声を

あげてしまうほどです。

 

本当にイヤですよね。

 

でもそのバックリ割れ、実は水虫のことも

あるって知ってましたか?

 

それ、角質型水虫かも…

 

 

肌が乾燥しているだけかと思っていた

 

肌の乾燥によるひび割れだとばかり思って

いたら、実は角質増殖型水虫だったことが

あります。

 

かかと水虫とも呼ばれるもので、角質が肥

厚してしまい、角質の奥深くに白癬菌が入

り込むやっかいな水虫です。

 

水虫は夏に活動が活発になることもあり、

見た目は乾燥によるひび割れと見分けがつ

かないので、まさか水虫だとは夢にも思い

ませんでした。

 

厚くなった角質を取り除けばキレイになる

と思い込み、一冬網に入れた石鹸でこすり

続けたけれど思うように良くならず。

 

夏場は少し改善したように見えましたが、

冬になるとまた粉を吹いたようになり、ま

たバックリ割れてしまうという悪循環でし

た。

 

爪水虫に悩んでいる人は、結構な確率で角

質増殖型水虫に侵されている可能性があり

ます。

 

保湿だけでは治らない

 

角質増殖型水虫によるバックリ割れの場合

スポンサーリンク

せっせと保湿だけをしても、治りません。

 

患部を清潔にして、水虫を殺菌したうえで

余分な角質を取り除きしっかり保湿をして

あげると、バックリ割れやそれに伴う痛み

から脱することができます。

 

足湯で分厚い角質をふやかして取り除く

 

分厚くなった角質の中には、白癬菌がたく

さん潜んでいます。

 

この角質を取り除くには、足湯がピッタリ

なんです。

 

お湯にお酢やクエン酸を入れたもので足湯

をすると、温まってくるとともに角質がふ

やけて皮膚から浮きあがります。

 

焦らずに取り除けるところだけをそっと取

り、きれいに洗い流してから清潔なタオル

で湿気が残らないように拭きます。

 

清潔になったら薬やジェルで殺菌

 

水虫の薬や水虫を殺菌できる成分が入って

いる市販のジェルなどをしっかり塗りこみ

ます。

 

私は毎日クリアフットヴェールを塗りこん

でいました。

 

ふやけた余分な角質を取り除いていくと、

手ごわい角質増殖型水虫にも殺菌成分が行

き届くようになります。

 

最後に保湿をして肌荒れを防ぐ

 

こうした手入れをしたうえで保湿をすると

見るたびに嬉しくなるようなツルツルのか

かとがいずれ手に入ります。

 

保湿は、普通のクリームやオロナインなど

でもいいですが、以前ご紹介した馬油など

もしっかり保湿ができていいですよ。

 

 

毎日のお手入れがとても大事になってきま

すので、もし水虫によるバックリ割れで悩

んでいたら試してみてくださいね。

スポンサーリンク