爪水虫(爪白癬)になったら皮膚科にかかり

すぐに治療に入るのが完治への早道です。

 

でも、治療始めたからって安心してたら

もったいないですよ。

 

治療と並行して、毎日自分でできる

フットケアを続けていれば、確実に

完治の日を近づけることができます。

 

さらに、治った後も再発しやすい

言われているしつこい爪水虫。

 

そんな爪水虫と完全に決別することが

できるのですから、最高ですよね。

 

爪水虫のときに自分でできるケアとは

 

 

フットケアいろいろ

 

爪水虫に限らず、足のケアは足の健康に

とても役立ちます。

 

何もない時だと足のことはあまり気に

することがないんですが、しっかり手を

かけてあげると見違えるようにきれいに

なるのです。

 

爪水虫には足湯が効果的

 

毎日できる簡単ケアでおすすめなのが足湯

 

お風呂に入った時でも、リビングでくつろぎ

ながらでもできます。

 

風邪をひいてお風呂に入れなくても

足だけは足湯に入れてあげてくださいね。

 

代謝が良くなって、風邪の治りもよく

なると思いますよ!

 

足湯に細かい決まりはありませんが一つだけ

 

必ず自分専用の足湯容器を使うようにしてください。

 

そしてなるべく熱めのお湯で。

 

40℃以上を推奨します。

 

水虫に効果があるといわれる食用酢や竹酢液を

薄めて入れてもさっぱりします。

 

殺菌効果もあるので、より一層ケアの効果が

期待できますね。

 

⇒爪水虫に酢が効く?

 

まず、足を(普通のせっけんでOK)洗って

から足湯に20分ほど足をつけます。

 

終わったら、軽く洗ってよく乾かします。

 

皮がふやけていたり、めくれていたら

除去します。

 

足にドライヤーをかける

 

髪だけじゃなく、足だって乾かしてほしい!

 

足がそう言っているかどうかはわかりませんが 笑。

 

髪のついででいいので、足にもドライヤー

かけて隅々まで乾かしてあげると効果的です。

 

白癬菌は熱に弱いので、白癬菌を弱らせる

ためにもいいです。

爪回りも丹念にドライヤーの熱を当ててみましょう。

 

しっかり洗って、乾かしてからだと

そのあとに薬を塗ってもよく浸透していきます。

 

あと、これは足のケアとは違いますが…

普段使っている靴にも内側からドライヤーをあてる

習慣をつけるとしっかり乾燥して気持ちいいです。

 

カラッとして履き心地も良くなりおすすめです。

 

足を日に当てる

 

何だか原始的ですが、けっこういいらしいです。

 

日光消毒っていいますもんね。

 

消毒効果はどの程度なのかわかりませんが

普段から乾燥させるクセをつけると、完治が

早くなります。

 

ただ、晴れている限定になってしまいますし

人目のつかないところで日光浴できる環境の

人ばかりではないので、そんな機会があったら

やってみる感じでいかがでしょうか。

 

早く人目を気にせず堂々と裸足で歩けるよう

自宅でのケアにもぜひ、力を入れてみてください。

 

⇒爪水虫のフットケアは完璧…靴は?