爪のトラブルとして知られる爪水虫と

グリーンネイル。

 

どちらも見た目が悪く、ギョッとしますし

うつりそうで引かれてしまうし最悪ですよね。

 

両方とも爪の病気ですが、具体的にどこが

違うのでしょうか。

 

また、共通点はあるのでしょうか。

 

爪水虫とグリーンネイルはどう違う?

 

 

爪水虫とはどんな病気?

 

爪水虫(爪白癬)は、白癬菌が爪の中に

潜入し爪の中のタンパク質(ケラチン)をエサに

増殖してしまう感染症です。

 

最初は、爪の色が白っぽくなったり少し濁ったり

するだけですが、徐々に分厚く変形してきて

最後には爪がボロボロになって崩れてしまいます。

 

男性(特に年配者)の病気と言われがちですが

ストッキングで蒸れたり、長時間ブーツを履いたり

することが多い女性は、ひそかに悩んでいることも

多いのです。

 

爪水虫の場合は、もともと足の水虫を持っていて、

その水虫の白癬菌が爪に入り込むことがほとんどだと

言われています。

 

グリーンネイルとはどんな病気?

 

グリーンネイルは、爪とネイルの間に緑膿菌繁殖して

爪が緑色に変色してしまう病気です。

 

ジェルネイルやスカルプネイルが普及して久しい

ですが、ネイルをしている爪に発症することが多く

オフしてみたら爪がこんな色に!と焦る場面がよく

見られるんだそうです。

 

ネイルをしてしばらくすると、わずかに浮いてきて

しまうことがあります。このくらいは…と

放っておくとその隙間から緑膿菌が入り込みます。

 

一度入り込んでしまうとネイルに守られ、緑膿菌は

スポンサーリンク

湿気たっぷりの爪で繁殖を始めます。

 

こうして、気づかないうちに爪はネイルの下で

緑膿菌特有の緑色に染まってしまうのです。

 

ひどくなると爪がはがれてしまったりする恐れも

あるため、気づいたらすぐに治療しましょう。

 

爪水虫とグリーンネイルはココが違う

 

爪水虫とグリーンネイルは原因菌が違います。

 

爪水虫は白癬菌、グリーンネイルは緑膿菌です。

 

ただし、緑膿菌は単体での繁殖はあまりしないと

されていて、グリーンネイルになる場合は

最初に爪カンジダに感染している場合がほとんど

だと言われています。

 

爪水虫とグリーンネイルの共通点

 

原因菌も見た目も症状も違う爪水虫とグリーンネイル。

 

でも、治療に使う薬は共通なのです。

 

グリーンネイルの原因である緑膿菌が繁殖する

もとになるカンジダ菌は、爪水虫の原因菌の

白癬菌と仲間で真菌です。

 

ですから、皮膚科にかかる場合には爪水虫と

同じように抗真菌剤による治療をします。

 

⇒爪水虫とグリーンネイルを治療する方法は

 

治療の際に使用する抗真菌剤は、身体の中から

菌を殺そうとするのでとても強い薬です。

 

使用する際には、体質、持病があるか、妊娠しているか

どうかなどを確認する必要があります。

 

自分に合った薬で、いち早く元の爪に戻しましょう。

 

爪水虫もグリーンネイルも見た目が悪いため、気になるし

つい隠したくなりますよね。

 

でも、患部の上から無理にネイルをしたりしてはダメです。

 

治療と並行して、患部の清潔と乾燥を心がけましょう。

スポンサーリンク