涼しい風が吹くようになると、水虫の原因

菌の白癬菌の勢いがてきめんに鈍くなりま

す。

 

爪水虫はあまり影響がない気がしますが、

水虫は夏が終わると、確かに良くなったよ

うに見えるかもしれません。

 

ジクジクしてきたり、小さい水泡ができた

り…という目立った活動がなくなってくる

ので、治ったって思っちゃいますよね。

 

でも、暑くなくなると足の肌ってすぐ荒れ

ませんか?

 

荒れた角質は白癬菌の大好物なんです。

 

秋から冬に肌をしっかり整えて、白癬菌を

がっちり封じ込めましょう。

 

荒れた肌を白癬菌が狙っている…

 

 

肌が荒れるとどうなっちゃうの?

 

寒くなってくると、裸足でいるだけで肌が

荒れてきてしまうことがあります。

 

放っておくとささくれ立ってとても痛くな

ったりします。

 

角質増殖型水虫も肌荒れのような状態にな

ることがありますが、単に肌が荒れている

状態でも放っておくと危ないのです。

 

水虫の原因の白癬菌は、角質が大好物。

 

荒れた肌はごちそうなのです。

 

足にくっついただけだと24時間以上たたな

ければ繁殖し始めませんが、荒れた状態だ

とささくれだった角質の隙間から白癬菌が

深く入り込みます。

 

そうなってしまうとぬくぬくとそこで冬を

越して、暖かくなってきたら一気に活動を

始めてしまいます。

 

活発に活動している白癬菌を抑え込むのは

とても大変なのです。

 

寒い時期の肌荒れを防ぐには?

 

単純に清潔を保って、保湿を心がければ確

実に肌はきれいになっていきます。

 

顔の肌荒れはものすごく気になりますが、

足の肌荒れってさほど気にしませんよね。

 

ましてや足の側面とか足の裏なんて…。

 

でも、顔と同じケアを、とまでは言いませ

んけれども足を顔だと思ってケアするくら

いでちょうどいいと思います。

 

水虫や爪水虫は本当にしつこいですから、

気を抜けばすぐに振出しに戻ってしまいま

す。

 

薬を塗っているから、飲んでいるから大丈

夫と思っても、周りの肌荒れがひどければ、

生き残った白癬菌が入り込んでまた活動を

始めます。

 

足の肌荒れ防止対策は?

 

お風呂に入った時に石鹸で丁寧に洗うのは

もちろん、忙しくてもシャワーで済ませた

りしないでしっかりと湯船で温まります。

 

足湯をするのもいいですね。

 

お風呂を出たら、竹酢液やティーツリーオ

イルなどのスプレーをまんべんなくかけて、

殺菌・乾燥させます。

 

そのあとは、水虫や爪水虫の塗り薬を使用

している場合はしっかり塗りこみます。

 

最後に保湿をして、完了です。

 

肌荒れを防止するには、ワセリンを薄く塗

ってもいいですし、オロナインを塗れば殺

菌もできます。

 

足のケア専用のジェルを使えば、足に薄い

膜を作って白癬菌が入り込こまないように

してくれます。

 

足だって、きちんと手入れすると本当にき

れいになってくるんですよね。

 

見せたいような足になって、一日も早く水

虫との関係を清算しましょう!