爪水虫(爪白癬)になると、夏がつらいで

すよね。

 

何がつらいって…暑いのに足を出せないこ

とですよね。

 

足に汗をかいたり蒸れやすくなったりして

余計に状態が悪くなったりもします。

 

夏は対処に追われがちです。

 

でも、そんな日々を乗り切って迎えた秋。

 

涼しい季節は、爪水虫の治療には向いてい

るのでしょうか。

 

爪水虫の治療はいつ始めるのがいい?

 

 

爪水虫の治療に最適な季節

 

爪水虫の治療に適しているのは秋から冬

かけてです。

 

理由は気温の低下と空気の乾燥です。

 

蒸し暑い日本の夏は、爪水虫の原因である

白癬菌にとっては願ってもない環境です。

 

勝手にムシムシしてくれて、足は汗ばんで

いて…大好きな環境が揃っているのですか

ら、努力しなくても繁殖できるウハウハな

状況なんです。

 

でも、涼しい風がふき始めると、状況は一

変します。

 

爪水虫自体は、爪を鎧にしていますから、

冬でもそんなに状況は変わらないのですが

爪水虫のもとになった足の白癬菌は軒並み

冬眠してしまいます。

 

白癬菌の基地となる爪水虫でも、周りがおと

なしくなってしまうので勢いが鈍ります。

 

冬の間に足全体の白癬菌を殺菌してしまう

 

白癬菌の元気がなくなる秋から冬の時期、

足全体の殺菌を徹底して行い、爪の治療に

専念します。

 

家に戻ったら足を洗う、お風呂には欠かさ

ず入る、足湯などで足をしっかりと温め殺

菌するなどのケアを頑張って行いましょう。

 

洗浄⇒消毒(殺菌)⇒乾燥⇒保湿をセット

と考えて毎日しっかりケアします。

 

しっかり乾燥させるのが肝心なのですが、

肌荒れには要注意です。

 

洗うことばかりに集中してしまうと、冬の

乾燥で肌荒れしてしまいます。

 

荒れた肌は、細菌などが入り込みやすく、

新たなトラブルの原因になる恐れがありま

す。

 

足の肌のお手入れまでをしっかりしていれ

ば、日に日に状態は良くなっていきます。

 

水虫で皮がむけ放題だったり、水泡ができ

ていたり、粉を吹いたようだった肌に艶が

戻ってきます。

 

お手入れの最後にオロナインを塗ったり、

肌にバリアを作るジェルなども市販されて

いますから、そういうものを塗り込んでお

けば新たな感染から足を守ってくれます。

 

⇒オロナインで爪水虫が改善できる?

 

秋から冬は、爪の治療をしっかりと

 

爪水虫の治療に最適な秋から冬を無駄にし

ないようにしたいですね。

 

自分に合った治療をきちんと選び、継続す

ることが完治への足がかりになります。

 

爪水虫の治療は白癬菌との根比べですから

途中で投げ出したりせずに、指示された期

間しっかりと行いましょう。

 

⇒爪水虫の治療ってどんなものがある?

 

数日や数週間といった短期間では効果が出

ないのですが、足全体がどんどんきれいに

なっていくので、モチベーションは保てる

と思います。

 

秋冬の地道な努力で手に入れた、きれいな

足でネイルを楽しんだり、お気に入りのサ

ンダルで歩いたり…きっと楽しいですよ!