夏は開放的な気持ちになります。

 

でも、せっかく開放的になっても悩みがある

状態では楽しめませんよね。

 

爪の悩みを早く解消して、思う存分解放感を

楽しみたいものです。

 

白癬菌も季節によって、活動が活発な時期が

あるのでしょうか。

 

治療を始めるのに最適なのはどの季節なのか

考えてみました。

 

白癬菌の活動って時期によって違う?

 

 

白癬菌が活発な時期はいつ?

 

白癬菌が活発に活動するのは梅雨から夏にか

けてです。

 

白癬菌は、高温多湿を好みます。

 

温度が高くなってきて、ジメジメと湿度が高

くなると白癬菌はがぜん元気になります。

 

ですから白癬菌が活発に活動する時期は、

月でいうと6月から9月にかけてです。

 

秋が深まってきて、温度が下がり空気が乾燥

し始めると白癬菌、元気がなくなります。

 

水虫の人が『夏だけ水虫になるんだよ~』と

言っているのは冬は白癬菌がおとなしくして

いるからなんですよね。

 

白癬菌は冬がくると熊でもないのに冬眠を始

めるそうです。

 

勝手に人の身体で生活するなって話です。

 

爪水虫の活動も夏に活発になる?

 

爪水虫も白癬菌の感染症ですから、活動は夏に

活発化します。

 

ただ爪水虫の場合は、爪をガードに使っている

ため冬でもそんなに変化がないこともあるよう

です。

 

それでも温度が低くなる分、蒸れたり汗をかき

にくくなるため夏よりもおとなしくなります。

 

爪水虫の治療は、秋から冬に始めよう

 

爪水虫の治療は、少し寒くなり始めたら開始

ましょう。

 

夏場の方が症状が活発ですし、爪が目立つので

気になって皮膚科の受診が増えるそうです。

 

でも、活発化している状態で抑え込むのは大変

ですよね。

 

いたちごっこになってしまいます。

 

治療するそばから蒸れて、悪くなってといった

具合ですね。

 

症状の激しいものを抑え込むのは難しいです。

 

冬になると白癬菌の活動が弱まりますから、そ

のタイミングで一気に叩いてしまうんです。

 

暖かくなって、白癬菌が息を吹き返さないよう

しっかり治療をして、毎日足の手入れをすると

暑くなった時に急に悪くなってしまうのを防げ

ます。

 

寒くなってきて、爪水虫の症状が落ち着いてい

るように感じても、手も気も緩めません。

 

変わらずに、粛々と治療をしましょう。

 

寝ているはずの白癬菌が、もう目を覚まさない

ような状態を作ってしまいます。

 

消毒や足の手入れをしっかりとすることで、

人に見せても恥ずかしくない足や爪が戻ります。

 

きれいな爪に戻ったらやりたいこと、たくさん

挑戦できます。

 

季節を上手に味方につけて、完全に爪水虫を治

し、ストレスとは無縁の毎日を送りたいもので

すね。