爪水虫(爪白癬)って見るからに汚い感じで

すよね。

 

だからこの臭いは、爪水虫のせいなんじゃな

いのかなぁ…。

 

ふと疑問に思うほど、足が臭うときがありま

せんか。

 

爪水虫は、臭いのでしょうか。

 

それとも別の原因があるのでしょうか。

 

足の臭いの原因は爪水虫?

 

 

 

爪水虫には臭いがある?

 

意外ですが、爪水虫そのものには

 

臭いはないそうなのです。

 

白癬菌は臭くないらしいです。

 

ではなぜ、足は臭くなるのでしょう。

 

足の臭いの原因はイソ吉草酸という脂肪酸で

す。

 

足には汗腺が集まっていて高温多湿になりが

ちです。

 

高温多湿は白癬菌の好むところでもあります

が、他の雑菌も大好きな環境です。

 

イソ吉草酸は、雑菌が汗や皮脂を分解してで

きるものです。

 

バクテリアなどの雑菌が汗や皮脂をエサとし

て摂取し、その雑菌の分泌物が分解されたこ

とで発生します。

 

汗や、皮脂や角質が多いほどイソ吉草酸がた

くさん発生することになります。

 

水虫でも足が臭くなることがある

 

爪水虫と同じように水虫にも臭いはありませ

ん。

 

でも、水虫になるとジュクジュクになってし

まったり、皮膚がふやけてビラビラしたり、

水泡が破けたりといったトラブルが起こりま

すよね。

 

こういった環境もイソ吉草酸は大好きなので

喜んで発生してしまうのです。

スポンサーリンク

 

リンパ液のついた角質などを放っておくと

臭いのもとになります。

 

ですから、水虫の場合はその症状のせいで、

足が臭くなっている場合もあります。

 

爪水虫の場合は、爪の間にたまっている垢が

イソ吉草酸の発生を誘発していることがあり

ます。

 

足の臭いをなくすには

 

簡単です。

 

原因をなくせばいいのです。

 

足のケアを徹底して、きれいにします。

 

汗と皮脂をためないようにしましょう。

 

そして、消毒と乾燥をしっかりします。

 

爪水虫のときのケアと一緒です。

 

具体的には

 

足湯をして、足全体の殺菌をする

 

肌荒れなどは治療する

 

要らない角質は取り除く

 

爪ブラシで爪の垢をかき出す

 

足をよく拭いて乾燥させる

 

などを徹底すると臭いがなくなってきます。

 

イソ吉草酸が繁殖する隙を与えないようにす

れば、あの臭いに悩まされなくなります。

 

これは、爪水虫の手当てと共通していますか

ら、これを実践していると爪水虫も改善され

てしまうという嬉しいおまけが…。

 

爪ブラシは必ず自分専用のものを使用して下

さいね。

 

そして、使うたび洗って消毒しておきます。

 

爪水虫の治療と並行して、こうした足の臭い

ケアを行うことで、確実に改善されていきま

すからぜひやってみてください。

スポンサーリンク