ときどき年配の方が、『水虫にはオロナイン』って

言っているのを聞くんですけど…。

 

オロナインって傷薬のイメージがあるんですけど

本当に水虫にも効くのでしょうか?

 

そして、爪水虫に対してはどうなんでしょうか?

 

『水虫にはオロナイン』について調べてみました。

 

水虫にはオロナインが効くのでしょうか?

 

 

オロナインの水虫に対する効果

 

なぜ、水虫にオロナインが効くと言われるの

でしょうか。

 

オロナインは正式にはオロナインH軟膏と

いう大塚製薬のお薬です。

 

オロナインH軟膏の有効成分(1g中)は

クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%):10mg

です。

 

クロルヘキシジングルコン酸塩液は

消毒殺菌の働きがあります。

 

消毒薬のヒビテンの仲間らしいです。

 

そして、オロナインの効能としては

 

にきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、

ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、

水虫(じゅくじゅくしていないもの)

たむし、いんきん、しらくも

↑ 水虫の仲間たち(白癬菌)

 

ほんとだ。

 

水虫、ありました!

 

これは普通の足水虫のことですね。

 

皮膚を殺菌する効果があるので、水虫にも

効くのでしょうね。

 

ただし、この表現だとカサッとした症状、

軽めの足水虫を対象としてるみたいですね。

 

オロナインは爪水虫にも効く?

 

オロナインは水虫の一部に効果があることが

わかりました。

 

では、爪水虫には?

 

効果はないと思われます。

 

オロナインH軟膏は、皮膚の表面の白癬菌を

消毒することはできるものの、爪の深部に

潜む白癬菌を追いかけて殺菌するまでの

スポンサーリンク

力はないようです。

 

日々の足のケアには非常に有効

 

爪水虫には効果が期待できないオロナイン

ですが、毎日のフットケアに使うのは

とてもいいと思います。

 

爪水虫は、そのほとんどが足の水虫を経て

発症すると言われているので、足の水虫に

ならないための毎日のケアはとても大事なの

です。

 

まだなっていない場合は予防になりますし、

爪水虫の治療中の場合は、足の水虫から

ぶり返さないようにするのに役立ちます。

 

すっかり治っている場合には、再発防止の

決め手になるのでとても大切です。

 

オロナインでの足のケア

 

水虫予防・治療(再発防止)のための

オロナインでの足のケアのやり方を紹介します。

 

入浴時に石鹸(普通の浴用石鹸でOKです)で

足全体をよく洗い、自分専用のタオルで丁寧に

拭いたあと、オロナインH軟膏を塗り込んでいき

ます。

 

足そのものを清潔な状態に保てますし、肌荒れや

冬場のあかぎれ、しもやけなどの予防になります。

さらに肌の表面を消毒し、白癬菌を寄せつけない

になります。

 

⇒爪水虫のときのフットケア、他には?

 

そのうえで、爪水虫の治療に専念すれば、爪水虫の

治療が終了したときには、すべすべでピカピカの

足が誕生するというわけです。

 

オロナインは、爪水虫には直接効かないけれど

爪水虫の治療の役に立つ、ということですね。

 

一家に一つ、といった具合に常備するご家庭も

多いですから、うちにもある…という場合には

毎日のケアに利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク