水虫の治療というと、酢を連想する方も

わりと多いんですよね。

 

まだ水虫の薬が使われていないような昔から

民間療法として盛んに行われていたようです。

 

爪水虫(爪白癬)を治す目的でも、実践して

いる人がたくさんいますが、爪水虫に本当に

効果があるのでしょうか。

 

酢を使った治療法の効果は?

 

 

酢で白癬菌を殺菌することができるのか

 

酢水の中で白癬菌は生きていけないそうです。

 

また40℃の酢に白癬菌を20分浸すと死滅して

しまうんだそうです。

 

酢で白癬菌を殺菌することができるんですね!

 

民間療法で使われているのも、納得です。

 

爪水虫にも効果は期待できる?

 

爪水虫は、白癬菌が爪の奥深くに入り込み

爪をガードにしているので、普通の足水虫に

比べると完全に死滅させるのはやはり難しい

のではないかと思います。

 

でも、足の水虫にはある程度効果がありそう

ですので、治療と並行するにはいいのではな

いでしょうか。

 

足の殺菌ができるので、毎日のケアとしても

最適です。

 

爪水虫が治った後に定期的に行えば、再発を

予防できるのでとても良いと思います。

 

臭いだけはちょっと気になりますが…足が

きれいになりますからおすすめです。

 

酢を使った治療法いろいろ

 

お湯に酢を入れて足湯にする

40℃以上のお湯900ccに酢100㏄程度を入れ

その中に足を入れて20分以上おくというも

のです。終わったら、そのまま乾燥させます。

 

酢の原液を温めて足湯にする

これも足湯ですが、酢をそのまま温めて使う

方法です。

 

臭いがきついです!が効きそうな

感じはありますね。

 

ただ刺激も強いので、肌荒れしていたり傷が

ある場合はやめてくださいね。

 

しみてかなり痛いそうです。

 

この方法も20分から30分くらい浸すといいとか。

 

終わったら洗い流して乾燥させます。

 

ビニール袋に酢を入れて履く

ビニール袋の靴、みたいな感じでしょうか。

 

10~100倍に希釈した酢をビニールに入れ

それを履いてゴムで止めるというものです。

 

これで一日過ごす人や、これを履いて寝て

しまう人もいるらしいです。

 

その場合は、上から5本指ソックスを履いて

ビニールをその上からかぶせて漏れを防ぐ

そうです。

 

希釈した酢をスプレーする

シンプルです。

 

10~100倍に希釈した酢を

スプレーボトルに入れて患部に吹きかける

方法です。

 

患部はそのまま乾燥させます。

 

これは気軽に試せますね。

 

まとめ

 

酢を使った治療法は民間療法なので効果が

実証されているものではありません。

 

でも、効果があったという人もいますので

試してみる価値はあるのではないでしょう

か。

 

また補助的に使うのは効果的だと思います。

 

治療と並行してコツコツ続ければ、再発防

止にもなりおすすめできると思います。

 

⇒足の爪がボロボロになる爪水虫にはどんな治療法がある?

 

Related Post