ペットを飼っている家庭、多いですよね。

 

家に帰ると走り寄ってくれたり、つらいこ

とがあったときにそっとそばにいてくれた

り…ペットがいてくれることで日常がとて

も温かいものになります。

 

そんなペットから、爪水虫がうつってしま

うというのですが、本当でしょうか。

 

ペットから爪水虫がうつる?

 

 

 

ペットから感染することはある?

 

ペットから爪水虫がうつるということは、

あまりないようですが白癬菌に感染するこ

とはありえます。

 

ただし、白癬菌を持っているペットにさわ

ったからすぐに感染するということではな

く、免疫力が低下していたりすると感染す

ることもある、という程度です。

 

ペットの白癬菌が人間に感染する場合、頭

に感染するシラクモ(頭部白癬)や体に感

染するタムシ(体部白癬)などが多いよう

です。

 

ペットと接触する部分に症状が出てくると

いうわけですね。

 

人間からペットに感染することは?

 

逆に人間の白癬菌をペットに感染させてし

まうこともあります。

 

爪水虫の足で家じゅうに白癬菌をバラまい

ていると、動物の毛に白癬菌がくっついて

そこから感染してしまうのです。

 

もしもペットに白癬菌がうつると、そこだ

け毛が抜けてしまったり、赤く腫れたりし

ます。

 

かゆくてかきむしるので、全身に広がって

しまうこともあるのです。

 

爪水虫になってしまうこともあるそうなん

ですよ。

 

爪水虫になった爪でかきむしれば、大変な

ことになってしまいます。

 

かわいそうですね。

 

白癬菌に感染してしまったら、動物も人間

と同じように治療をしないと治りません。

 

お医者さんに診てもらって、適切な処置を

してもらいましょう。

 

状態が良くなってきたからと、勝手に治療

をやめないで、もう大丈夫と言われるまで

しっかり治療をします。

 

これは人間とまったく一緒ですね。

 

同時にうつしてしまった人間も治療してい

かなければいけません。

 

どちらかが治療するだけではせっかく治っ

たのに、またどちかかから感染する…とい

うことになってしまいます。

 

白癬菌の感染を防ぐためには

 

家にペットがいるという場合には、家の中

に白癬菌をバラまかないように丁寧に念入

りに掃除や消毒をしないといけません。

 

ペットは床に寝転んだりするので、落ちて

いる白癬菌をごっそり拾ってしまう可能性

があるからです。

 

ペット用のマットや布団なども、まめに洗

濯をしたり干したりしましょう。

 

同時に爪水虫から白癬菌をバラまかないよ

うにしっかりと毎日治療・手入れをして、

可愛いペットにつらい思いをさせないよう

にしたいですね。