爪水虫(爪白癬)になってしまったから、

もうサンダルがはけない…。

 

こんな爪、誰にも見られたくないもん。

 

そうですよね…わかります。

 

わたしもずっとそう思っていましたから。

 

でも、おしゃれを諦めてスニーカーばかり

履かなくても大丈夫ですよ。

 

オープントウは遠い夢?

 

 

爪がもろに見えるサンダルは無理

 

だって一番見られたくない爪がばっちり出

ちゃってるわけですよね。

 

ムリムリムリ

 

何もわざわざ自分で爪をさらす必要はない

ですからね。

 

でもね、探せば見えそうで全然見えないっ

ていう絶妙なサンダルってありますよ。

 

足の甲を覆う部分が暗めの色のシースルー

になっていたりとか、メッシュなのに実は

中の足の部分が全然見えないものとか。

 

太いベルトで構成されていて、ちょうど患

部の爪が覆われているものもあります。

 

患部がどの指かがけっこう問題になっては

来ますが…たとえ親指でもあきらめないで

くださいね。

 

サンダルの解放感を十分に感じつつも、爪

が見えないデザインって探すとけっこうあ

るものなんですよ。

 

ミュールだったらかなりある

 

厳密にいえばサンダルなんですが、ミュー

ルと呼ばれる種類のものは、足の甲を覆う

デザインのものがさらに多い印象です。

 

トウの部分の先端があいていなかったり、

あいていてもごくわずかで爪が見えなかっ

たり。

 

おしゃれでいながら爪が見えない…。

 

涼しいし、心も軽やかになります。

 

最高の一足を探してみてください。

 

きっとありますから。

 

試し履きができないという悩みについて

 

とはいえ、はきもしないでサンダルを買う

のはちょっと危険ですから、試し履きはし

ないといけませんが、そこがネックですよ

ね…。

 

でも大丈夫です。

 

シューズインソックス

(フットカバー)

という素晴らしいものがあるからです。

 

もし、店員さんとかに見られてしまったら

たとえ気にいらなくても買わないといけな

いじゃないか!と思いますもんね。

 

そんな爪して履いちゃってる…もうお店に

出せないよ的な冷たい視線を浴びてしまっ

たら、心が折れてしまいます。

 

私、絶対無理です…気が小さいんです。

 

でも、シューズインソックスがあれば回避

できますよね。

 

薄手の少しおしゃれなシューズインソック

スをはいていけば、はいて行った靴のデザ

インも邪魔しませんし、お店の人にも感謝

されてしまうはずです。

 

たとえ爪水虫でなくても、サンダルを裸足

で試し履きされてしまうとお店的にはあん

まり気持ち良くはないと思います。

 

でも、シューズインソックスをはいていた

らマナーのいい人だと思われるうえに、ど

うしても見られたくない爪を隠せるんです

から最高ですよね。

 

好きなだけいろんなサンダルを試して、素

敵な一足を見つけてくださいね。

 

サンダルをはくなら、爪と同時に足全体の

ケアもしっかり頑張らないといけませんね。

 

おしゃれを楽しみつつ、しっかりと爪水虫

を治していきましょう。