爪水虫は、皮膚科に行かないと治らない。

 

わかってるけど、行けない…。

 

知ってる人が受診してたら気まずすぎる。

 

いやお金がなさすぎて、行けない…。

 

小さい子がいるのに、連れて受診…ムリ…。

 

持病があるから薬とか飲めない…。

 

理由はいろいろありますが、わかってても

病院に行けないことってありますよね。

 

爪水虫の薬って市販でおすすめのものはな

いのでしょうか。

 

爪水虫には市販薬ってないの?

 

 

爪水虫の飲み薬は市販されている?

 

爪水虫の飲み薬は、市販されていません

 

病院で診断を受けて、処方してもらう必要が

あります。

 

爪水虫の飲み薬は、肝臓に影響を及ぼす可能

性があるもの、常用している薬との飲み合わ

せが難しいものなどがあります。

 

ですから、きちんと検査を受けて、副作用が

出ていないかどうか確認しながら服用しなけ

ればならないんです。

 

個人でこっそり買えたらいいとか、誰かにも

らったらいいんじゃないかとか思うかもしれ

ませんが、もしも重篤な副作用が出てしまっ

たときに、自分では対応しきれません。

 

飲み薬で治療する場合は、必ず専門医にかか

るようにしましょう。

 

塗り薬は市販されている?

 

従来、爪水虫には服薬治療と言われて来まし

た。

 

ですが最近になってとても効果のある塗り

薬が相次いで発売されました。

 

クレナフィン

 

ルコナック

 

爪水虫専用の塗り薬です。

 

でも、これらも市販はされていないのです。

 

皮膚科で爪水虫と診断を受け処方してもら

います。

 

一方、足の水虫用の塗り薬はいくつも市販

されています。

 

水虫も爪水虫も同じ白癬菌が原因で発症し

ていますから、効果は同じはずです。

 

でも、爪水虫の場合は爪の奥深くまで白癬

菌が入り込んでしまっているために薬の成

分が白癬菌まで届かないのです。

 

市販されている爪水虫専用の塗り薬

 

爪水虫専用の塗り薬は、硬い爪の下に有効な

成分を浸透させる必要があります。

 

爪水虫の市販薬にDr.G’s クリアネイルという

ものがあります。

 

アメリカでとても人気のある外用薬です。

 

有効成分はトルナフタートで、爪水虫への効

果を認められているものです。

 

日本の薬ではありませんが、日本でも購入す

ることができます。

 

評判がいいだけに偽造品も出回っているそう

ですから注意してください。

 

購入する際には信頼できるサイトで購入して

正規品を手に入れるようにしましょう。

 

市販されている爪水虫用のジェル

 

薬ではありませんが、日本でも爪水虫専用の

ジェルが市販されています。

 

クリアネイルショットです。

 

浸透力特化型の爪専用のジェルで、硬い爪に

しっかりと浸透していきます。

 

主成分の

 

竹酢液

テルピネン-4-オール

αーテルピネオール

シトラール

シトロネラ―ル

 

などが、爪の悩みに働きかけてくれます。

 

⇒クリアネイルショットの使用感は?

 

 

病院の薬も市販品も、自分の爪に合ったも

のを、きちんと継続して使っていくことが

とても大事です。

 

しっかり続けて、きれいな爪を取り戻しま

しょうね。