小さい子どもが大~好きなお砂場。

 

さらさらと指を流れていくさまは飽きない

し、時間をかけてじっくりと泥だんごを作

るのも楽しいですよね。

 

大人だってはるか昔に楽しんだ記憶がある

のではないでしょうか。

 

最近では衛生面から注意を呼びかけられる

ことも多いですが、それでも根強い人気が

ある遊び場所です。

 

そんな砂場で水虫になるかもしれない

 

それ、本当でしょうか。

 

砂場って白癬菌がいっぱいなの?

 

 

土は白癬菌のふるさとだった

 

そもそも、土は白癬菌のふるさとなんです

よね。

 

白癬菌だけでなく、土の中にはいろいろな

雑菌もたくさんいます。

 

考えてみれば土は生命の源であるわけです

からいろいろな命があってあたりまえなん

ですよね。

 

砂場にはイキモノがひしめきあっているの

です。

 

子どもの足も水虫になる?

 

でもたとえ砂場の中に白癬菌がいたとして

も、足に何の傷もなければあとで洗い落と

せば問題ありません。

 

白癬菌は皮膚についても24時間以内なら洗

い流せると言われています。

 

ところが肌荒れしていたり、傷があったり

するとそこから白癬菌が侵入して水虫にな

ってしまうことはあり得ます。

 

以前は健康な子どもの足は水虫にならない

と言われていたようですが、場合によって

は子どもも水虫になることがあります。

 

水虫から子どもの手足を守ろう

 

決してキレイとはいいがたい砂場ですが、

それでも砂場で遊ぶことで得るものはとて

も多く、汚いからと取り上げてしまうのは

残念な気がします。

 

砂を口に入れてしまうような小さな子ども

の場合は細心の注意を払わないといけない

と思いますが(実はうちの子どもがそうで

した…)なるべく遊ばせてあげたいですよ

ね。

 

砂や泥の触るのは情緒の発達にいいそうで

すし、裸足で砂場を歩くのは独特の感触で

子どもは大好きです。

 

危険なものが埋まっている場合もあります

から、砂場で遊ぶ際は遊ばせっぱなしには

しないで見守ってあげるのが大事です。

 

遊んだ後は、手足を丁寧に洗うことと、手

足に細かい傷や荒れなどができないように

ケアをしっかりしてあげるのが肝心。

 

市販の足専用ジェル、クリアフットヴェー

は水虫の対策もしながら、足に見えない

ベールを作ってくれるというすぐれもので

す。

 

天然成分の竹酢液やティーツリー葉油など

の成分でできていて、薬と違い副作用の心

配がないのが大きな特長です。

 

幼い子どもでも安心して使えるっていうの

は大きいですよね。

 

これで足にベールを作っておけば、砂遊び

のたびに白癬菌に感染するのでは?とハラ

ハラしなくてよくなります。

 

感染の心配が減ることで、純粋に砂場での

遊びを楽しめるようになります。

 

このような便利なものも利用しながら、大

事な子どもの手足を白癬菌から守りたいも

のです。